在宅医療薬剤師の役割・仕事内容は?

在宅医療薬剤師TOP >> FAQ >> 在宅医療薬剤師の役割・仕事内容は?

在宅医療薬剤師の役割・仕事内容は?

在宅医療薬剤師とは、自宅で療養している患者の家を訪問して服薬や薬剤の管理を行う人を指します。今後自宅療養をする人が多くなり在宅医療がますます重要視されるので、在宅医療薬剤師へのニーズも高まってくると予想されています。国の方針として、できるだけ入院日数を減らして在宅医療を進めることが明示されています。このため今後、在宅医療の需要は増え続けるであろうと推察されます。

在宅医療の中で在宅医療薬剤師の果たす役割は複数あります。まずは在宅医療を受けている患者の自宅に訪問し、あらかじめ調剤した医薬品を渡します。そして薬の服薬に関して注意すべきこと、用量や副作用のリスクなどについて詳しく説明をします。また、薬剤は基本的に患者個人で管理をしないといけません。

そこで、薬剤を管理するにあたって注意すべきことなどに関しても薬剤師が指導を行う必要があります。また、他の医療スタッフと連携してよりよい医療サービスを提供するための提案やアドバイスを行います。例えば、主治医に対して専門家の観点から処方の方法に関しての提案をすることもありますし、自宅療養している体の不自由な方の中には、ケアマネージャーやヘルパーの介護サービスを受けている人も多いです。そうした職種の方々と連携して薬の服薬を適切に行うこともあります。

特に、高齢者の中には自力で服薬できないケースもあります。寝たきりなどになってしまうと、自分で薬を服用するのは難しいです。この場合、ケアマネージャーやヘルパーが介助することになるでしょう。その場合には、寝たきりの方に服薬をするにあたって介助の担当者に注意すべきことを指導することも考えられます。

在宅医療薬剤師の仕事はより一人の患者さんとコミュニケーションを取り他業種のスタッフと連携する時間が長くなります。またただ単に医薬品を処方するだけでなく、介護の領域にもまたがるような業務であることもわかるはずです。調剤薬局だけで仕事をしてきた人にとっては、少し勝手が違うので最初のうちは戸惑うかもしれません。今までの経験がそのまま生かせる仕事ではないと思ってください。また、先ほども紹介したように介護にも関わってくる仕事と言えます。そこで、在宅医療薬剤師として本格的に仕事をしたいと思っているのであれば、介護関連の資格も取得しておいた方が採用される可能性も高まるでしょう。ヘルパーやケアマネージャーの資格も取得すべきです。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.