在宅医療薬剤師の募集先は?

在宅医療薬剤師TOP >> FAQ >> 在宅医療薬剤師の募集先は?

在宅医療薬剤師の募集先は?

国が医療費削減の制作を決めたこともあって、高齢者施設や自宅療養している高齢者の数は年々増加しています。このため、今後ますます在宅医療へのニーズが高まってくるのではないかと見られています。そこで在宅医療スタッフに対する需要も高まってきていて、在宅医療薬剤師の求人も出てきています。

在宅医療薬剤師の求人募集を出しているのは薬剤師一般の求人と同じような職場です。在宅医療薬剤師の求人募集は調剤薬局で多く出ていますから、在宅医療薬剤師として仕事をしたいのであれば調剤薬局で自宅に近いところで募集が出ていないかどうか確認をしてみましょう。調剤薬局の中には在宅に積極的に取り組んでいるところもあって、研修や勉強会なども数多く開催しているところがあります。

これから本格的に在宅医療を勉強していきたいというのであれば、研修体制がしっかりと整っているところを探すべきです。その他にはクリニックや病院の目の前にある調剤薬局も在宅医療薬剤師として働きやすいでしょう。特に、訪問診療を行っている病院やクリニックが目の前にあれば、医療スタッフとの連携も密に取れているところが多いです。患者に関する情報も共有しやすいので、調剤や服薬指導をする際に必要な情報が得られ適切なケアが行えます。

調剤薬局における在宅医療薬剤師の求人を見てみると、正社員はもちろんのこと、パートやアルバイトの募集も比較的多く出ています。中には週3〜4日から勤務できるような求人情報も出ていますので、自分のペースで仕事に取り組めます。家事や育児もあってなかなかフルタイムで仕事ができないということで在宅医療薬剤師に興味を持っている人は、パートやアルバイトで仕事を始めてキャリアをできる範囲で積み重ねてみるのもいいでしょう。

また、自分になじむ職場で仕事をしたいと思っている人は、在宅医療薬剤師を募集している調剤薬局の中には紹介予定派遣の求人も時々出ています。最初は派遣で仕事をしてみて職場の雰囲気を理解し、問題なければ一定期間の後、正社員として登用してくれます。長く快適に働ける職場を探しているのであれば、紹介予定派遣の在宅医療薬剤師の求人を探してみましょう。在宅医療薬剤師の募集をしているところで他には、ドラッグストアの募集も多くなってきているようです。調剤スペースの設けられているドラッグストアの中には、訪問医療にも積極的なところもあります。このようにいくつか職場の選択肢はありますので、求人内容をじっくりと比較して、応募するところを決めましょう。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.