在宅医療薬剤師の必要性・メリットは?

在宅医療薬剤師TOP >> FAQ >> 在宅医療薬剤師の必要性・メリットは?

在宅医療薬剤師の必要性・メリットは?

今まで私たちの認識としては、大病を患ったのであれば入院して完治するまで病院の中で治療を受けるという流れが一般的でした。しかしここにきて、入院して治療ではなく在宅療養や介護施設で療養するというスタイルを取る方針を国で打ち出しました。その背景には何があるかと言うと、超高齢社会の進行です。将来的には高齢者の日本人全体の人口に占める割合は4割近くになるとされています。

また、高齢者の割合は増加の一途をたどっていて、しかも医療費は高騰を続けています。このため国の財政がかなり圧迫されています。そこで医療費の適正化を図るために、なるべく短期間で入院生活は切り上げて自宅療養をできるだけ行う、という方針が出てきました。実際最近の流れとして日本全国の医療機関の病床数は減少傾向にあるといわれています。確実に、自宅療養メインの風潮が高まっているのです。

実際医療機関の中には在宅療養に対する医療サービスにシフトし始めています。医療機関の中には、在宅診療にも対応しているところもクリニックレベルで出てきています。また大きな病院の中には、関連機関として訪問看護ステーションを立ち上げたり、自宅療養の難しい高齢者のために介護施設を作ったりしています。調剤薬局でも薬局に赴けない患者のために薬剤師が自宅に医薬品を届け服薬指導するという、在宅医療薬剤師のサービスを手掛けるところが出てきていますが、依然として調剤薬局の業務と在宅医療の業務を一人の薬剤師が兼任しているケースが多く、今後自宅療養する患者の数が多くなれば在宅医療薬剤師専業のスタッフが大勢必要になる可能性もあります。

在宅医療薬剤師はまだ日本全国で見ると実際に仕事をしているスタッフは少ないため、在宅医療に興味を持っている人が在宅医療薬剤師になれば今後有利に働くメリットもあります。また、在宅医療薬剤師として活動している人の数が少ない段階で経験を積んでおけば、より大々的に在宅医療薬剤師が必要になった時にそれまでの経験が武器になります。

薬剤師を雇う薬局などは、在宅医療経験を持った薬剤師を即戦力として、できるだけ確保しておきたいと思っています。まだきちんと整備されていない段階だからこそ、在宅医療薬剤師としての活動をスタートさせて、他の人が経験していないキャリアを積むことに意味が出ます。転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談して、在宅医療薬剤師として働くにはどのようなキャリアプランを練るべきかを相談しましょう。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.