在宅医療薬剤師の病院での採用は?

在宅医療薬剤師TOP >> FAQ >> 在宅医療薬剤師の病院での採用は?

在宅医療薬剤師の病院での採用は?

在宅医療薬剤師の求人情報を見てみると、多くのところが調剤薬局の募集をしています。その他にはドラッグストアでも調剤薬局のブースを併設しているところが多く、調剤薬局もやっているような店舗で在宅医療薬剤師の募集が出ていることもあります。

しかし、病院やクリニックにおける在宅医療薬剤師の募集はあることはありますが、かなり少ないと思ってください。ある求人サイトでチェックしてみたところ、在宅医療ありの薬剤師の求人は日本全国で4000件以上ありました。ところが、病院に限定して検索をしてみると40件に満たない求人しかヒットしませんでした。医薬分業が日本全国で進められていることもあり、薬のことに関しては病院ではなく調剤薬局で、という風潮が高まっているからかもしれません。

病院における在宅医療薬剤師の求人を見てみると、結婚して子供のいる女性の薬剤師が働きやすい環境が整っている案件の多いことがわかります。例えば、院内保育所などを完備している病院で募集の出ていることも多いです。子供がいる場合には、保育所に預けて自分は仕事に専念できます。もし、子供が保育所に預けている時に健康を損ねたとしても、病院内ですから迅速な処置も期待できます。また同じ施設内に子供がいますので、何かあった時にすぐに駆けつけられるところも魅力です。

他には、午前中だけ勤務などのパートタイマーの案件が募集されているところもありました。朝、炊事や洗濯などを全て済ませて子どもや旦那さんを家から送り出して、その後病院で在宅医療薬剤師の仕事をこなすことも可能です。12時とか、12時半頃には終了する仕事なので、子どもが学校などから帰ってくる前までに自宅には到着できるでしょう。このように、働くママさん薬剤師のケアがしっかりとできている求人が多いです。

在宅医療薬剤師は、まだそれほど医療の業界でも浸透している職種ではありません。このため、興味はあるけれども全く在宅医療に関しては未経験という人もいるものです。このような在宅医療未経験者でも積極的に受け入れている求人もあります。病院内で研修などをしっかりと行ってくれるので、必要最低限の基本的な知識やスキルは身に付いた状態で仕事ができます。また、医者や看護師などの他の医療スタッフとの連携体制も密に行っている、在宅医療薬剤師の仕事もあります。患者さんの情報を医療チームで共有できるので、安心して薬剤師の仕事ができるでしょう。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.