在宅医療薬剤師の将来性は?

在宅医療薬剤師TOP >> FAQ >> 在宅医療薬剤師の将来性は?

在宅医療薬剤師の将来性は?

訪問看護などの言葉は耳にしたことがあるでしょうが、訪問薬剤師という名称は医療で従事している人でもあまり聞きなれない言葉かもしれません。薬剤師は調剤や服薬指導を薬局やドラッグストアで行うのがいまだ主流で、在宅医療に薬剤師がまだ本格的に進出できていないのが実情です。逆に言えば、薬剤師の職域の中で在宅医療薬剤師はまだまだ今後伸びしろのあるジャンルと表現することも可能です。

地方の調剤薬局やドラッグストアを運営しているところの中には、在宅医療分野に薬剤師を積極的に進出させているところも見られます。たとえばアイングループという調剤薬局やドラッグストアを日本全国に展開している会社があるのですが、在宅医療分野の確立に取り組んでいて、2008年のアイン薬局夕張店をモデル店舗にして、在宅医療薬剤師の採用を行っています。

国が高騰する医療費を少しでも抑制するために、在宅医療を今後はより重視していくことを明言しています。症状の安定している患者、それほど症状の深刻ではない患者はどんどん退院させて、自宅療養に切り替えようとする動きが活発にみられます。医療はもちろん病気を治療することも大事ですが、そもそも病気にかからず健康的に日々生活できるような環境を作ることも大事です。予防医療の世界では、薬剤師の存在はより重要な存在といえます。薬の専門知識と技術を持っているので、予防医療の世界ではまさに適任の医療スタッフと言っても良いでしょう。

病院の統廃合が進み、医薬分業によって一時期一気に増加した調剤薬局に関しても落ち着きが見られるようになりました。またドラッグストアでも薬剤師の募集が少し前までは活発に出ていましたが、登録販売者という別の職種が新たに設けられたことで薬剤師の需要が少し鈍化しているのが現状です。しかも少し前に薬学部を新規に設置する教育機関が増えたこともあって、薬剤師の資格を持つ人は増加しました。このため、一部薬剤師は飽和状態にあると指摘する声もあります。

従来の領域で薬剤師として活躍するのであれば、需要が落ち着き供給は増えている現状では厳しいと言わざるを得ません。しかし在宅医療薬剤師のような、まだそれほど薬剤師の間でも浸透していないジャンルに進出すれば、まだまだ活躍できる可能性は十分あります。これからは調剤薬局やドラッグストアに就職・転職する場合には、在宅医療薬剤師を募集しているような所を探してみるのも一つの手でしょう。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.