在宅医療薬剤師の転職は多い?

在宅医療薬剤師TOP >> FAQ >> 在宅医療薬剤師の転職は多い?

在宅医療薬剤師の転職は多い?

一般的には転職回数が多くなればなるほど転職に不利になるといわれていますが、在宅医療薬剤師の場合転職回数が多少多くても、不利な条件にはならないといわれています。在宅医療薬剤師はまだ出てきて間もない職種です。また在宅医療が今まで以上に注目されますから、需要が高いのです。しかも薬剤師の資格を持っている専門性の高い人材なので、多少の転職回数の多さには目をつぶって採用してくれるところも少なくありません。ただしあまり頻繁に転職を繰り返しているようであれば、採用に慎重にならざるを得なくなるケースも出てきます。

一般的な傾向として、30代で3回・40代で5回を超える転職を経験している人は、少し採用する側も慎重に見極めようとします。「すぐに文句を言って採用しても辞めてしまうのではないか?」と色眼鏡で見られてしまうからです。ただし転職回数が多くても在宅医療薬剤師に採用される可能性はあります。それは転職理由がどうだったかです。

たとえば「今まで調剤業務を中心に行ってきたけれども在宅医療を経験したかったから」とか「いろいろな診療科目の処方箋対応を経験してみたかったから」「調剤だけでなくOTC販売を行って、地域の人たちにセルフメディケーションの観点から貢献したかったから」のようなポジティブで前向きな理由であれば、転職を繰り返した事情も汲んでくれるでしょう。一方で「労働条件が異なっていた」とか「人間関係に嫌気がさしたから」などの理由は、どうしてもマイナスに評価されがちです。前者は「無理なお願いをしたのでは?」と、後者は「あなたにも問題があったのでは?」と思われてしまうからです。体調不良で転職を繰り返した場合でも、「またウチで働いても体を壊されるのでは?」と懸念されてしまいます。女性薬剤師の方も多いですが、結婚や出産、夫が転勤することになってなどやむを得ない理由で転職回数が増えてしまった場合には、在宅医療薬剤師の採用で不利に働くことはまずありません。

転職回数が多くて、在宅医療薬剤師としてなかなか採用してもらえないかもしれないと思っているのであれば、6月に転職活動に本腰を入れることをおすすめします。6月は夏のボーナスの直前で、薬剤師の中にはボーナスを受け取ってから退職する人も多いです。採用する側もそれを見越して、少し早めに求人情報を出します。6月は採用情報が多く出ますが、年度初めのように応募者がそれほど多くないです。そのような事情もあって、採用される可能性は結構高いのです。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.