在宅医療薬剤師のやりがいは?

在宅医療薬剤師TOP >> FAQ >> 在宅医療薬剤師のやりがいは?

在宅医療薬剤師のやりがいは?

在宅医療薬剤師になることでより個別の患者と向き合った医療活動ができるので、そこにやりがいを感じている人は多いです。調剤薬局などで仕事をしていると、数多くの患者が1日に訪れるのでどんどん対応していかないといけません。

しかし、個別に自宅訪問をする在宅医療薬剤師の場合、一人の患者にかけられる時間も長くなるため、患者の体調などを聞きながらより丁寧に服薬指導ができます。また、患者の様子をより長い時間見ることができるので、体調に合ったケアができるというメリットもあります。観察力が養われ、何か想定外の事態が発生したとしても臨機応変に対応できるので高いスキルを身に付けられます。患者だけでなく、看病をしている家族がいれば家族ともしっかりとしたコミュニケーションが取れます。より密に患者との関係を構築して向き合った仕事をしたいという人にとっては、在宅医療薬剤師はやりがいのある仕事と言えます。

高齢化社会が今後ますます進行することで、在宅療養をする人も多くなるでしょう。在宅医療薬剤師の活動をすることで、在宅医療の専門的な知識やスキルを身に付けられるようになります。薬剤師として今後進むべきキャリアの幅を広げられるというメリットがあります。また、在宅医療薬剤師として活動している人は決して多くはありません。このため、将来転職することになったとしても、在宅医療薬剤師としての経験があればそれは大きな武器になり、薬剤師としての市場価値を高める効果も期待できます。在宅療養する人が多くなれば、在宅医療が地域医療の主軸になります。自分が地域医療の担い手で重要な役割を任されているというのも、やりがいを持って仕事のできるモチベーションになるはずです。

特に、調剤薬局で仕事をしている薬剤師の場合、処方箋を使ったコミュニケーションで自分たちで調剤する傾向が強いです。医療スタッフの一員でありながら、普段他の医療スタッフと密に連絡を取ることも少ないでしょう。しかし、在宅医療薬剤師になって在宅医療チームの一員となれば、医者や看護師、ケアマネージャーといった他の医療や介護のスタッフとも交流が生まれます。このように他の医療従事者と共同で仕事をすることで、新しい価値観などを発見して医療従事者としての薬剤師の幅も広がってくると言えます。在宅医療に対して、薬局も今後より一層積極的にかかわってくる可能性はあります。ですから、興味のある人は早い段階から在宅医療薬剤師としてキャリアを積んでみるべきです。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.