四国エリアの在宅医療薬剤師の求人

在宅医療薬剤師TOP >> 四国エリアの在宅医療薬剤師の求人 >> 北海道

四国エリアの在宅医療薬剤師の求人

四国エリアの在宅医療薬剤師求人を見ると、香川、愛媛、徳島、高知の各県にそれぞれ数件から十数件の在宅医療に対応した調剤薬局や調剤併設型ドラッグストアの求人が見つかります。首都圏や大都市部のように数はありませんが、各県とも在宅医療に力を入れる薬局はありますので、厳しい条件を付けなければ働き口は見つかるでしょう。ただし、在宅専門薬局となると四国で探すのは困難ですので、一般的な調剤薬局や調剤併設型ドラッグストアの求人のなかから探す必要があります。

四国全体での在宅医療薬剤師の求人は2017年時点で数十件ありますが、そのうち大半が調剤薬局です。次いで、調剤併設型のドラッグストアがいくつか見つかります。在宅医療に携わることのできる求人はこのように見つかるものの、応募の前に注意しておきたいのが、在宅医療が全体の業務のなかでどの程度の比率を占めているかということです。たとえば、A薬局では調剤や販売業務が80%を占め、在宅業務は20%とします。一方、B薬局ではその比率が逆で、在宅業務が8割、調剤や販売が2割だったとしましょう。在宅医療に携わりたいがために転職するのであれば、当然選ぶべきはB薬局になるでしょう。ただ、業務比率まで求人情報から読み取れることは少ないです。在宅医療に携わりたいのに、入社したら調剤や販売業務ばかりだったという事態を避けるためには、求人票だけでなく内部事情に詳しい紹介会社などの情報もしっかり利用した方がよいでしょう。

四国エリアの在宅医療薬剤師の年収水準は、全国的な平均と大きな違いはありません。在宅業務をしない一般の薬剤師の平均年収と同程度と考えてよいでしょう。ボリュームゾーンは400〜600万円です。時給では1800〜2500円というところが多いです。ただ、なかには平均よりかなり高めの年収が期待できる求人もあります。

実は、薬剤師の年収は、必ずしも都市部で働く薬剤師の方が地方勤務の薬剤師より高いということはなく、逆に地方の方が全国平均より高い年収を得ているという場合もあるようです。すべての求人に当てはまるわけではありませんが、四国エリアでも年収600万円以上が期待できる求人も見つかる可能性が大いにあります。地方ではまだまだ在宅医療の経験がある薬剤師は少ないですから、経験者はそれだけで大きな強みになるでしょう。未経験者でも志望者がまだ少ない分野ですので、薬剤師としての実務経験があればチャンスは大いにあります。

在宅医療の薬剤師求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 在宅医療の薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.